鬼滅の刃

鬼滅の刃、観てきました!結果、号泣😭 いい大人がこんなに号泣していいものか、というくらい、号泣してしまいました。映画全体の感想は、来年の「辛丑六白」そのもの!感想をそのまま書いてしまうと、「一年の流れセミナー」の内容になってしまうので公表出来ませんー💦 私は、映画や小説、漫画などなど、といったものは「集合無意識からのお知らせ」と捉えているのですが、そういう意味では「気の流れ」に乗っている内容だからこそ、こんなに人気が出たのだな、と思いました。

全部の感想は書けませんが、それとは違った視点の話は書いてみようと思います。それこそが、号泣した理由でもあるのですが…

映画だけでなく、鬼滅の刃をこれから観る、読む、という人は、観てからこの先を読んでください。映画の最後の展開を書いてしまいますー😅

ということで、煉獄さん、カッコイイですねーー!あの、「スカッ」とした感じ、憧れますね!その煉獄さんが最後の死闘で、「俺は俺の責務を全うする!」と言います。その台詞に、私は号泣してしまったのです。なぜかというと、それは私が唯一、村山先生から直接頂いた言葉だったから(個人的にではありませんが💦)。沖縄のセミナーに行った時、初めて食事会で先生の隣の席に座りました。その時、先生は、

「ただ役割を果たすのみ」

そう仰ったのです。そして、「貴重なお話を伺えて、本当によかったです。」という私の感想に、初めて笑顔で頷いて下さいました。その時の事を、鮮やかに思い出したのです。

先生は、心臓の病が悪化してからも、絶対講座を休もうとしませんでした。それは、待っている生徒がいる限り、講座をするのが役割だと思ってらしたから、だと思います。先生は沖縄の食事会の時、「何のために生まれてきたのか」と私たちに問いかけられたのですが、きっと、先生は気学を伝えるために生まれて来たのだと思います。

映画の中で炭治郎達は、煉獄さんと猗窩座の闘いを見て、自分達との圧倒的な力の差を思い知ります。どう頑張っても辿り着けるとは思えないほどの圧倒的な力の差。煉獄さんに「もっともっと成長しろ。今度は君たちが柱となるのだ。俺は君たちを信じる。」と言われ、自分達が本当にそこまで辿り着けるのか、と涙を流すのですが、伊之助が「なれるかなれないかなんて、くだらない事を言うな!信じると言われたら、それに応えることしか考えるな!」と言うのです。これも、今の私の気持ちそのもの。学べば学ぶほどに、先生との圧倒的な差を感じます。でも、先生はお亡くなりになる前、「まだ300分の1しか教えていない」と仰ったそうです。「その300分の1すら、ほんの少ししかわからないのに…」と、半ば諦めていました。だけど、やるしかない。目の前にあることを、ただやるしかないのだ、と、映画に教えてもらいました。それは、やはり「そのために生まれて来たから」なんでしょう。

煉獄さんはお亡くなりになりますが、その時、早くに亡くなられたお母様が迎えに現れます。「やるべき事を立派に全う出来ましたよ」と言って。先生もきっとそうだったんだろうな、と思いました。

気学は5000年前に出来た、と言われています。伝える文字がなかっただけで、本当は一万年くらい前からあるのではないか、とも言われています。その5000年もの長い間の中には、気学が迫害された時期が何度もあります。でも、その時に、命懸けで気学を守ってくれた人達がいたのです。今、私たちが気学を学ぶことが出来ているのは、その人達のおかげ。次は、私たちがそのバトンを繋いでいかなくてはなりません。それが私たちの役目、そう思っています。

気学、それも、「村山気学」を絶やさないように、これからますます精進していこうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中