オンライン家相講座のお知らせ

macbook pro iphone cup desk
Photo by Life Of Pix on Pexels.com

コロナウィルスはまだまだ収まらず、私が所属している社会運勢学会の講座も軒並み中止に…💦

そこで、初のオンライン講座に挑戦することになりました!

「家相の知恵を使って、お部屋と心のお掃除をしよう!」

という講座です。5月4日開催という急なスケジュールですが、もしご興味ありましたら、ぜひぜひご参加ください😊

【5月4日 オンラインセミナー】『家相の世界に触れよう!1 〜開運お掃除術〜』

リアル仏教

cc5f9dbd332a5a768f08388d367e8085_s

コロナウィルスの感染者数はまだまだ増えていて、収束の兆しは見えていません。収束するまでに一年はかかるのではないかという観測もあり、収入が途絶えてしまっている方は本当に大変な思いをされていると思います。

先日、NHKで「逆転人生」という番組を見ました。吉川博文さんという経営コンサルタントの方の人生を紹介していたのですが、バブル期に商社にお勤めだったのが、ご実家の商売の連帯保証人になったことから7000万の借金を抱えることになり、その当時の商工ローン、サラ金、闇金と1人で戦って復活した、というすごい方でした。今はその経験を活かして、同じ状況に陥った方のお手伝いをされているそうです。

私は、「これはリアル仏教だ!」と思いました。吉川さんは、「自分は泥にまみれてしまったけれど、それを受け入れたところから勇気が湧いてきた」と仰っていました。仏様が蓮の葉や蓮の花に乗っている絵や像を見たことがある方、たくさんいらっしゃると思いますが、あれは、

蓮の花は泥の中を通り抜けてこそ花を咲かせる。泥にまみれてこなければ花を咲かせることは出来ないんだよ。

ということを表しているんです。まさにこの話の通りですよね!

今、泥にまみれている方が大勢いらっしゃると思います。本当に大変だと思いますが、泥にまみれたら、きっと大輪の花が咲く時がやってくるんだと思うのです。仏教はいいお話を聞く、というものではなくて、現実の人生がそうなるよ、ということを教えてくれています。芸能界でも、子供の頃に借金取りに追われる生活をされた方が何人もいらっしゃいますが、皆さん、その経験があったからこそ今の自分がある、と仰います。吉川さんが仰っていましたが、「一番大事なのは諦めないこと」。どんなに方法があっても、本人があきらめてしまったら復活の道は閉ざされてしまうそうです。

何もお手伝い出来ない自分が情けないですが、ほんの小さな、運勢が上向いてくる方法をお伝えします。

気学を学ばれている方、日盤吉方を取ってみて下さい。時節柄、外出をオススメするのもどうかとは思いますが、ギリギリの状態の人ほど日盤吉方は効果を発揮します。今年は自分を切り替えないといけない年ですから、どう変えたらいいのかのアイディアが閃いたり、アイディアになるような出来事が起きてくると思います。予想外のチャンスが来る可能性もあるので、つかまえてくださいね!

気学をご存知ない方、朝5〜7時の間に、東の方を向いて、出来れば太陽を見ながら「私は大丈夫!」と言って下さい。「大丈夫、私ならこのチャンスを活かせる!」と言って下さい。これで気持ちが明るく切り替わってくるはずです。

私も今、これからに向けて、いろいろ切り替えています。コロナが収束した時に、「コロナがあったおかげでチャンスをつかめた!」と言えるように頑張ろうと思います。

皆さん、頑張りましょう❣️

運勢の読み方

closeup photography of purple silk flowers with dewdrops
Photo by Anthony on Pexels.com

先日アップした『4月の運勢』、たくさんの方が読んで下さり、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです!心からお礼申し上げます。何か皆さまのお役に立てるといいのですが😉

社会運勢学でいう「運勢」は、〈未来予測〉とは少し違います。書いてある通りのことが起きてくる人ほど  運勢のいい人  ということになるので、できるだけ書いてある通りに行動した方がいいですよ、というものになります。ですから、心がけのいい方は「運勢」を読む前にすでにその通りになっていたりします。実際、その通りになっている方がご連絡くださり、「すごいなー✨」と思いました。私はですね、自分で書いているのに「あっ、しまった!」と思うことが多く・・・頑張らなくては😅

月の運勢で書いていることは小さな吉ですが、続けていくことで大きな吉に育っていきます。勉強すると

「なぜそのタイミングで母から相談されるのか」

「なぜそのタイミングで親戚の問題に関わらなくてはならなくなったのか」

「なぜそのタイミングで家を建てることになったのか」

などなど、いつ、その出来事が起こったのかによって、それが天からの大きな応援であることがわかってくることがあるのです。生き方で吉を呼ぶ、ということは、自分でそのタイミングにやらなければならない行動をする、ということ。ちょっとしたことでも、それを続けることで生きる力が増してきます。コツコツ頑張りましょうね!

さて、先日、数学の超難問「ABC予想」が証明認定された、という新聞記事を読みました。京都大学の望月教授の論文で、「これまでの数学を捨てないと読めないような論文」なんだそうです。数学というのは金融工学や保険分野で応用されているそうで、この新しい数学が経済を変えていくのかもしれません。まさに庚子七赤の出来事だな、と感じました。今年はまだ始まったばかり。私もどんどん新しい自分に切り替えていきます❗️

4月の運勢 星別

星ごとの運勢です。ご自身の星がわからない方は、ネットで調べることができます。でも、気学に興味をお持ちの方は、ぜひマインドズームの気学手帳を購入してみて下さいね!

一白水星
blue water wallpaper
Photo by julie aagaard on Pexels.com

4月はイライラすることが多いかもしれません。考えていたよりもずっと時間がかかってしまったり、基本的なことがおろそかになっていたりしがちです。しかし、ここで感情を爆発させてしまうと自分の基盤が崩れてしまいます。イライラを抑えれば、感覚が研ぎ澄まされてくるはず。今までわからなかったことがパッと理解できたり、小さな兆しから先の見通しに気がついたり、多くのひらめきを得られると思います。4月は何事も時間がかかるものと、深呼吸して、肩の力を抜いて、おおらかに過ごすことを心がけて下さい。

今月は、早起きして大きな声で明るい挨拶をしてみましょう。それを続けていくことで周囲が整ってきます。音楽を聞いたり、落語を聞いてみたり、心が明るくなることをすることがおすすめです。柑橘類や酢の物、野菜サラダを積極的に摂るようにしてみましょう。

 

二黒土星
astronomy atmosphere earth exploration
Photo by Pixabay on Pexels.com

4月は体調を崩しやすい月。ビタミン豊富な果物や酢の物を摂るようにして、体調管理に気を配りましょう。体調が思わしくないと、ついつい言葉が尖ってしまいます。今月は自分が思っているよりもさらに優しい言葉遣いを心がけるようにしてください。特に家庭の中でみんなが楽しくなるような会話をすると、運勢はとても力強くなります。昔はあんないいことがあったな、というようなことが、今月復活するかもしれません。

家の中での楽しみ方はいろいろありますが、映画鑑賞や勉強をすることをおすすめします。資格試験や、語学、気学、仏教などの勉強はいかがでしょうか。最近は男性もお化粧をするようですが、お化粧やファッションの勉強は最適です。勉強の合間のおやつはチョコレートにしましょう。体を休めたい、という場合は、お灸を試してみて下さい。十分体を休めて、やる気を養うことが重要です。サンドイッチやホットドッグ、ハンバーガーが吉を呼び込みます。具材は、トマト、ピーマン、エビがおすすめです。

 

三碧木星
photo of thunderstorm
Photo by Rodrigo Souza on Pexels.com

今年一年、運勢が低迷する三碧木星、4月から少しずつ運勢が上がってきます。その良さを壊さないために、今月は特に優しさを大事にして下さい。三碧木星は、他人の気持ちを推し量ることが少し苦手な星ですが、今月は面倒な細かいことを頼まれたら嫌な顔をせず、優しく対応し続けてください。頼まれごとを処理していくことで、小さな変化が起こってきます。優しい気持ちを持ち続けていれば、何か願いが叶うかもしれません。女性との関係が特に大切です。

今月はネットを利用すると吉になります。外出できなくても、オンラインで人と会話することで明るい気持ちになれるでしょう。ネットがあまり得意でない方は、手紙を書いてみるというのはいかがでしょうか。遠く離れた人に連絡してみる絶好の機会です。その際、アロマなど、いい香りも一緒に届けるといいでしょう。今月は麺類が吉を呼びます。野菜たっぷりのラーメンやパスタ、ネギをたくさん入れたうどんや蕎麦、パクチーたっぷりのフォーなどを食べてください。

 

四緑木星
dandelion nature sunlight
Photo by Nita on Pexels.com

だんだん運勢が強くなってきている四緑、今月はいろいろ動きたくなると思います。いろんなところから声がかかり、さぁ行こう!とすると、予定がキャンセルになったりします。しかし、ここでふて腐れたり諦めたりしないように。今月は声がかかることが吉なのです。キャンセルになって不機嫌な態度で周りに迷惑をかけるか、「また頑張るよ!」と周りを明るい雰囲気にさせるかで、その後の運勢が大きく違ってきます。もともと四緑は愛想のいい星ですから、明るい雰囲気を保つことは難しくないと思います。注意点は、家庭や慣れ親しんだ間柄の人々にも優しくすること。つい、気が緩んで大柄な態度になりがちですから、そこに気をつけましょう。

4月はゆっくり焦らず、準備のひと月です。どんな人でも急に予定をキャンセルされれば落ち込みます。ここでいかに明るい気持ちでいられるかが勝負の月。明るい笑顔と優しい言葉が非常に重要となります。好きな音楽を聞いたり、電話やオンラインで人と話したりして、明るい気持ちを作りましょう。柑橘類や野菜、酢の物が吉を呼びます。

 

五黄土星
sliced cheese on brown table top
Photo by NastyaSensei on Pexels.com

今月は運勢最大のひと月。特に前半は力がみなぎっているでしょう。時間が飛ぶように過ぎていく感覚になると思います。今月は特に上の立場の人との関係が重要です。何か依頼されたら、すぐに取り掛かりましょう。スピード感が運勢を強めます。また、何か長く続けてきたことが完成するかもしれません。完成まで至らなくても、何か大きな啓示があると思われます。続けてきたことがある方は、それが大きく発展していくか、しっかり自分の身につくか、何か成果が得られることでしょう。ものごとが止まってしまう場合もありますが、その場合は来月以降の発展のために、何か蓄えなければならないことがあるということ。自分に足りていないところを自覚し、そこを重点的に学ぶようにしてください。

今月は運勢最大で、大きなことに目が行きがちですが、そんな時こそ小さなことにも目配りを忘れないように。陰で支えてくれている人を大切にすることで運勢は非常に強まります。特に年上の女性や母、従業員全体を大切にしてください。その人達を明るい気持ちにさせることが大きな吉になります。鍋やおでんをみんなでつつくと、運勢が上がります。季節的に難しいようでしたら、あんこを使ったお菓子をみんなで食べることもおすすめです。おにぎりもいいでしょう。

 

六白金星
analogue black and white black and white clock
Photo by Thomas Brenac on Pexels.com

4月は一旦停止の月。ここで今までやってきたことを振り返ってみましょう。六白金星は完璧を求める星。小さなミスやちょっとした行き違いを不満に思うことなく、おおらかに「そのくらいは大丈夫!」と思うことが大切です。愚痴と批判は非常に運勢を弱めてしまいます。不満を抑えてプラスを見るようにすることができれば、来月からの運勢を非常によくすることが出来るでしょう。また、六白金星は、本人は気を使っているつもりでもストレートな物言いで相手を傷つけていることが多々あります。今月は特に言葉遣いに注意が必要です。柔らかい態度で、人に悦びを与えることを意識しましょう。礼儀も大切です。

今月は周りの人達の手助けをすることが吉になります。特に、自分をいつも支えてくれている人や母を大切にするように。スピードが遅い人に対してイライラすることがあると思いますが、そういう人にも「手伝おうか?」と明るく声をかけましょう。くれぐれも咎めていると受け取られないように気をつけて。和菓子、お好み焼き、ご飯ものが吉を呼んでくれます。

 

七赤金星

B52331BE-0377-4BF3-8AC7-D61089916D5F

4月は予想外の出来事が起きやすい月です。特に前半は悪い意味での予想外になりやすいので、批判を口にしないこと。忙しい月なので、ついつい言葉がキツくなりがちですが、柔らかい言葉を使うように心がけてください。親族関係、特に父親に対して不満を持たないこと。悦んでもらうようなことをすると運勢がよくなります。今月は、上の立場の人からの依頼があるかもしれません。高い山がそびえ立つかのような難しい依頼かもしれませんが、よけいなことを考えず、無心で受けるように。無心で努力する姿を見て、相手は感動してくれるかもしれません。その時は予想外の成果を得ることができるでしょう。

今月、いつもそばで支えてくれる人がいるはずです。その人にお礼を言うように。それが年上の女性か若い男性であれば、特に大切にしたいです。その人達を明るい気持ちにさせることが吉を呼びます。甘いものをごちそうすると更にいいでしょう。

 

八白土星
adventure asia beautiful bird s eye view
Photo by Tirachard Kumtanom on Pexels.com

先月は非常に忙しかった八白土星、4月は少しのんびりしたいところです。しかし、予想外のトラブルの可能性があります。金銭がらみのトラブルには特に注意が必要です。感情的な対立があると影響が大きいので、今月は絶対感情を爆発させないように。何かの契約、勝負事、説明などの中に、見えていないこと、不足していること、勘違いがあるかもしれません。自分を過信せず、きちんと確認しましょう。そこに注意をすれば、それほど心配することはありません。

本来であれば、今月は仲間や家族とワイワイ食事を取ることが吉になる月なのですが、今は大勢で食事を共にすることは控えなくてはなりません。家の中で、家族揃って和やかに暮らすことで明るさを作っていきましょう。日々の小さな悦びをみんなで報告しあうとか、みんなで料理してみるとか、食事の際に楽しくなる工夫をすると大きな吉になります。お好み焼きや鍋がおすすめです。具材は、たっぷりの野菜と海鮮がいいでしょう。鍋なら味噌味がおすすめです。一人暮らしの方は、家族に電話をしてみるといいでしょう。特に母や妻に明るい話をするといいと思います。

 

九紫火星
yellow sunflowers
Photo by Pixabay on Pexels.com

4月はものごとが進みにくい月です。なんとなく体調もすぐれないかもしれません。しかし、そんな時こそ自分を改革するチャンス。家にいる時間が増えますから、今まで触れたことのないジャンルの本を読んだり、部屋の模様替えをしたり、絵を描いてみたり。これから先の目標を考えることや、親類に連絡すること、お仏壇のお世話をすることも吉になります。

九紫火星は九星で最も頭のいい星。普段はどうしても他人の出来ないところに目が行きがちですが、今月は特に優しさを大事にしましょう。出来ていないところを見るよりも、少しでも出来ているところに注目するようにしたいのです。また、家の中を明るくすることが大きな吉になります。明るくするというのは、家をキレイにして物理的に明るくすることと、楽しい話や明るい笑顔で精神的に明るくすることと、両方を言います。体調が悪いとどうしても不機嫌になってしまいますが、優しさと明るさを心がけましょう。竹の子ご飯は最も運勢を良くします。おかずには海鮮、お豆腐がおすすめ。デザートは柑橘類にしたいです。

4月の運勢 全体運

036E170F-6BDB-438A-BA57-CCBD8573F829

気学では「吉方を取る」ということをするのですが、吉方を取ることは個人の運勢をよくするだけでなく、世の中にもいい影響を与えるものなのです。普通は方位移動といって、実際自分が吉の方位へ移動して吉方を取ります。しかし、もしも都市封鎖ということになれば吉方が取れなくなってしまいます。そこで、自分の行動と心がけで吉方が取れるように、今月の運勢を書いてみました。小さな吉ですが、多くの人が心がけることで地球全体に吉がいきますように、と願いを込めて🍀

🔸全体運🔸

4月は、今年のテーマである「これまで続いてきたことの改革、過ちや失敗の償い」が、一年の中でも特に大切になる月です。『君子豹変す』という言葉がありますが、自分の都合により態度を一変させる、といった、悪い意味で使われています。しかし、本来の意味は「素晴らしい人ほど自分の考えに固執せず、すぐにいい方向へ切り替えることができる」といった意味なのです。器の小さい人間ほど自分の立場やプライドにこだわって、修正を嫌います。人間の器が大きければ大きいほど、自分の間違いに気づいた時にサッと考えを改めることができるものなのです。自分の間違いに気づいたらすぐに方向転換できるように、柔軟な心を持ちましょう。

また、新しく始めたことが軌道に乗り始めると、大きな崖にぶつかることがあると思います。しかし、そこでめげないように。その崖は、まだまだ出てきていない知恵があることを教えてくれています。必ず乗り越えられる、という固い決意が最も大切です。決意があれば、必ず知恵が出てくるでしょう。

4月は明るく元気な気持ちが大切な月です。暗い顔をしていてはいけません。コロナウィルスの影響でどうしても暗い話題が多くなり、不安な気持ちになる方が大勢いらっしゃると思いますが、できるだけ明るい気持ちを失わないように。明るい顔ができる方が増えると、それが世の中にいい影響を与えます。自分の笑顔が世界を明るくするんだ!と信じて、明るい笑顔でいるように心がけましょう。

外出自粛で人の動きが激減していますが、これを機に、ムダなものを処分してみてはいかがでしょうか。忙しい時にはなかなか出来なかった、身の周りのムダなものの処分、自分の心の中のムダなものの処分をすると、運勢は格段に良くなってきます。そして、コロナウィルスとの闘いに勝てるように、自分自身の免疫力を高めることを意識しましょう。免疫力を上げるには、不安を消して、明るい顔をすること。明るい笑顔で、周りの人も一緒に楽しい気持ちにすることが免疫力を上げ、非常に運勢をよくしてくれます。

4月は、コツコツ自分を信じて努力を続けていると、必ず光が差してきます。母や年上の女性、妻を大事にすることもとても大切です。家に閉じこもることが多くなると、どうしても女性に負担がかかりがちですから、家族で力を合わせて乗り切りましょう。家庭内が明るくなることが、大きな吉になります。ヨガなど、体を柔らかくすることもチャンスを呼び込むでしょう。

気学上の4月は、4月4日~5月4日まで。この一ヶ月、試練が続きますが、この試練が必ず良い方向へ切り替わるきっかけになると信じて頑張りましょう!

バッタと運勢

コロナウィルスのおかげで家にこもっています。ゆっくり勉強したり本を読んだり、考える時間もたっぷり取れるー♪こんな時こそ、じっくりブログを書いてみよう!と思ったんですが、なかなかうまく考えをまとめることが出来ず・・・💦とりあえず、思い浮かんだことを書いてみようと思います。

バッタ移動あまり大きく報道されていないかもしれませんが、今、バッタの大群が大問題になっています。サバクトビバッタという大きなバッタの大群が増殖中で、もうすぐ中国に入ってくるのではないかと言われています。このバッタ、2018年にアラビア半島南部で発生し、1000億匹〜2000億匹ともいわれる、縦60km、横40kmに及ぶ超巨大な群れになっているそうです。それが「アフリカの角」と言われているエリアを通過して東西に広がり、東は現在、パキスタンまで来ています。1日に100万人分に相当する食料を食い尽くすそうで、被害にあった地域では深刻な食糧危機に陥っているとのこと。原因は気候変動、たぶん地球温暖化のせいで、アラビア半島の砂漠地帯に雨が降らない時期に雨が降ったことがバッタの大発生につながったようです。Forbus Japanの記事によると、本来は普通のおとなしいバッタなんだそうですよ。

blade of grass blur close up dew
Photo by Pixabay on Pexels.com

 

普段は「孤独相」と呼ばれる状態で、密集せずにお互いを避けあう。大人しい性格で体色は緑や茶色で生活環境にカモフラージュしている。しかし、個体数が増えて他の個体と接触する機会が増えると、「群生相」に変化。体色は黄色と黒色のまだら模様になり、攻撃的に。同じサバクトビバッタだが、行動、形態、生理的特徴も異なる個体になり、大群をつくるようになる。

と書いてありました。本来は緑(四緑=調和)か茶色(二黒=温和)なんですよ。それが攻撃型の黄色(五黄)と黒(一白)になってしまっている。で、その原因が「密集」だと言うんです。時節柄、意味深ですよね💦

人類の発祥はアフリカ大陸で、そこからアフリカの角を経由して世界中に広がっていったとされています。ユヴァル・ノア・ハラリ氏の「サピエンス全史」に書いてあったのですが、アフリカを出て世界中に広がっていったホモサピエンスは、行く先々で動植物を食い尽くし、何千種という生物を絶滅に追いやりました。それは気候変動で脆くなっていた生態系に人間が関わることで、甚大な被害をもたらしたのだ、と。なんだか、今回のバッタと重なるような気がしませんか?

最古の文明と言われているメソポタミア文明は、チグリス・ユーフラテス川流域、アラビア半島の北部に位置しています。南部と北部で微妙に位置は違いますが、アラビア半島で人類が密集状態になったことでその地域が砂漠化してしまい、移動を余儀なくされた人類が行く先々で環境を破壊していく。密集することで攻撃型になったサバクトビバッタも、行く先々で植物を食い尽くし、その糞が食べ残した植物を腐らせる。五黄的ですよね。バッタ自身は人間に被害を与えてやろうなんて思っているはずもなく、人類も最初から他の生物を絶滅させるつもりはなかったに違いない。しかし、結果として人類は地球に大きなダメージを与えています。

今年は庚で、今までの過ちを償わなければならない年。バッタが教えてくれていることがあるのではないでしょうか。旧約聖書には、神の怒りに触れると病気の蔓延やバッタの大発生が相次いだという記述があるそうです。中国古代王朝でも、天災は皇帝の不徳によるものとされ、バッタの被害(蝗害といいます)の記録が詳細に残されているとのこと。個人でできることは小さなことですが、それでも少しでも地球の助けになるような行動をしていきたいですね!

ということで、「地球のための行動指針」というテーマで4月の運勢を書いてみようと思います!・・・頑張ってこれから作りますね😅