ABC予想と仏教

今朝の朝日新聞朝刊に、「ABC予想」の解説が載っていました。以前、少しだけ書いたことがあるのですが、ABC予想というのは1985年に提示された、最も重要な未解決問題、と言われている数学の難問です。京都大学の望月教授がこれを証明しました。

新聞記事から引用させていただきますが、

a+b=c、正の整数aと整数bの「足し算」であるcと、3つの数a・b・cそれぞれの素因数「かけ算」であるdの大きさを比べた時、両者にある特別な関係があることを示している。 中略 実は足し算とかけ算は、深く突き詰めると、複雑に固く絡み合い、自由に扱うことができない。正方形の縦の長さを伸ばせば横の長さも伸びるように、どちらかを変化させると、もう一方も変化する「一蓮托生」の関係にある。

で、この新理論の名前は、「宇宙際(うちゅうさい)タイヒミュラー(IUT)理論」というそうです。もちろん中身はまっったくわかりませんが、この解説記事を読んでいて、あら、これは仏教ではないの??と思ったのです。

従来の数学では、ひとつの宇宙(数学の公式や図形などが入った舞台)で計算や証明をするが、望月教授は複数の宇宙を作り出し、宇宙際と呼ぶ橋のようなもので互いをつなぐ、というアイディアを考えつき、無数の宇宙同士を縦横無尽に繋いだ「パラレルワールド」の中で数を操るという新手法を生み出した。

ということで、従来の数学を破壊したといわれ、従来の数学を熟知した人ほど理解しにくいそうです。

仏教は、約2500年前にお釈迦様の覚りによって始まりましたが、その後、様々な形に変化していきました。もう原型を留めていないような仏教もあります。それを変わり果ててしまった、と受け取るか、進化している、と受け取るかはそれぞれだと思いますが、私は「進化」だと思っています。たくさんの宗派がありますが、一番新しい仏教が「密教」です。

密教は、お釈迦様の否定から始まります。なぜなら、お釈迦様は「苦からの解脱」を説いていて、現世の否定が前提としてあるから。密教はそう考えないそうです。仏が存在するなら、この世は素晴らしいはず。だから現世・人間を否定しない。お釈迦様からの仏教ではあり得なかった、「人間の全面肯定」がなされ、仏教がここで根本的に切り替わった、というのです。

中国から日本に密教をもたらした、弘法大師空海の書いた「即身成仏義」という書物のなかに、「重重帝網なるを即身と名づく」という言葉があります。

宇宙はすべて、帝釈天が広げた網のように繋がり関連している。その網の結び目のひとつひとつに宝石が縫い込まれている。互いが連動していて、一つの宝石が動けばすべての網目が揺れる。私達一人ひとりがこの宝石なのだ、という意味だそうです。「宇宙際(うちゅうさい)タイヒミュラー(IUT)理論」と似ていると思いませんか?

また、「三密」という言葉、小池都知事が流行らせましたが、もともとは密教の言葉なんです。「宇宙際(うちゅうさい)タイヒミュラー(IUT)理論」「三密」いずれも密教を連想させることが表に出てきている、ということで、村山先生が仰っていた「これから世界は密教的になっていく」という言葉が、真に迫ってきます。

今年6月、エヴァンゲリオンの新作が公開されることになっていましたが、コロナウィルスの影響で公開延期になっています。この作品、私は今まで、まったく興味がなかったので観たことがなかったのですが、これだけ多くの人に支持される映画に意味がないはずがない、と思い、何作か観てみました。そして、これも仏教だ、と感じました。これからの世界がどう動いていくのか、答えがエヴァンゲリオンにあるような気がして、映画の公開を首を長くして待っています。

私は、密教も仏教も、そんなに詳しく学んだわけではなく、村山先生の仏教塾のホンの一端をかじっただけですので、これが正しいとは言えません。単なる感想です。でも、それでも興味を持ってくださる方がいらしたら、ぜひ新作エヴァンゲリオンの感想文も読んでくださいね😉

人工地震

earth space cosmos
Photo by Jaymantri on Pexels.com

人工地震、という言葉をご存知でしょうか。「気象兵器」というものがあって、それが東日本大震災を起こした、という説があるのです。アメリカにある「HAARP」高周波活性オーロラ調査プログラムの略称ですが、このHAARPが人工的に地震を起こした、というものです。しかし、今回はその話ではありません。

ナショナル・ジオグラフィックの記事を読んだのですが、2017年に学術誌で発表された研究によると、過去150年の間に人間の活動が原因の地震が728ヶ所で起こったそうです。それがどうしてわかるのかというと、過去に地震活動がほとんどない地域で起こったり、地殻を構成するプレートの境界から遠く離れた場所で起こるから、ということでした。
その論文によると、人為的な地震の最大の原因は、資源の採掘だそうです。地中から資源を取り出すことによって安定性が失われ、あるとき突然崩壊して地震が引き起こされるとのこと。ダムの建設も167カ所で地震を引き起こしていたそうです。2008年、中国四川省で起こったマグニチュード7.9の地震は、紫坪埔ダムに貯えられた3億2000万トンの水の重量が引き金になったと考えられているそうです。この他にも、核爆発による地震が22カ所、工事現場での地震も2カ所で確認されたとのことでした。

今、新型コロナウィルスによるロックダウンや外出自粛で、人間の活動が最小限に抑えられています。人間にとっては辛い時ですが、もしかしたら地球は、こんなに静かな時は何百年ぶりだろう、と喜んでいるのではないかな?と感じました。人間は今まで、密集しすぎていたのではないでしょうか。小池都知事の言葉「三密」がよく使われていますが、これから大きな問題になっていくであろうサバクトビバッタも、密集することで凶暴なバッタに変身してしまいます。人間も、あまりに密集しすぎることで人間性を失ってきたのではないかと思うのです。いい例が通勤の満員電車!あの殺気立った空間に喜んで乗る人なんて誰もいないですよね。

テレワークで支障が出ないことがわかった企業の中には、もう都会に本社はいらないと、都会を離れて地方の環境が良い場所へ本社機能を移した所もあるそうです。それがすべてプラスになるとは言い切れませんが、でも、変化させられるところはどんどんいい方向へ変わっていくといいですね!

5月の運勢 星別

一白水星

top view photo of donuts
Photo by Aditya Aiyar on Pexels.com

今月は体調がすぐれない日が続くでしょう。身近なところはまだ明るい雰囲気ですが、外部環境はかなり受け入れがたいことがあると思います。物事を見る目が曇りがちなので、何かの判断をする際は、知恵のある人に相談するなどしっかり吟味して判断して下さい。体調がすぐれないと、どうしても気分が落ち込んでしまいますが、なるべく明るい言葉を使うように心がけましょう。今月、明るい気持ちを持ち続けていると、いろいろな声がかかると思います。そこから、いい意味での驚くような出来事に発展するかもしれません。最初はかなり困難に感じると思いますが、これから必要になっていくことのために仲間と力を合わせて取り組めば、それは必ず発展していくと思います。ポイントは、最初の困難です。困難がない物事は、発展しないのです。ですから困難にめげることなく、正しい道を突き進んで下さい。

また、今月は特に信頼を大切にしたいのです。手を抜くことなく、しっかりやり遂げることで信頼を勝ち取ることになり、それがいい評判になっていくでしょう。「完成」を目標にするといいと思います。

今月は酢の物や柑橘類を食べて心を落ち着かせ、手巻き寿司や豚肉とパセリを使ったパスタを食べて困難に立ち向かいましょう!

 

二黒土星

agriculture animals baby blur
Photo by Trinity Kubassek on Pexels.com

5月は季節通りの爽やかなひと月になるでしょう。遠くからたくさんの人が訪ねてくるかもしれません。様々な依頼も増えるでしょう。それは運勢が盛大になっていく証拠です。嫌がらずに引き受けて下さい。そうしていく中で、尊敬できる人に出会えるのではないかと思います。今月は自分を育てるひと月なので、尊敬できる人の真似をして、素晴らしいところを見習い、自分のものとすることを目指したいのです。途中、困難が生まれることもありますが、それはさらなる進歩を促してくれます。続けることで、自分も周りも整って、さらなる発展が待っているでしょう。今月は小さなことを積み上げていくことが大事な月。運勢のいい二黒なら、最も得意とするところだと思います。

今月は安定的な月なので、あえて革命的なことにチャンレンジしてみてはいかがでしょうか。普段は着実な二黒土星ですが、世のため人のために大きなお金を使ってみるとか、普段は行かないような高級なお店の料理を堪能してみるとか。今は高級ホテルのレストランでも宅配をしてくれるところがあるそうですから、そういったサービスを利用するのもいいかもしれません。その際は、羊と鶏の料理がおすすめです。お酒も飲むほうが吉となります。ただし、ほどほどに。米粉の麺、ビーフンやフォーもおすすめです。

 

三碧木星

photo of sliced orange citrus fruits
Photo by Dominika Roseclay on Pexels.com

ようやく明かりが見えてきた三碧。5月はいかに周りの人のお手伝いが出来るかが勝負の月です。もともと人の気持ちを察することが苦手な星ですから、良かれと思ってやったことが裏目に出ることが予想されます。まず、行動する前に、相手が何をして欲しいと思っているのかを確認しましょう。勝手な判断で行動すると、トラブルを起こしてしまいます。今月は何事もやり過ぎないように気をつけて。特に、自分より下の立場の人に寄り添うことが大切です。動くのが大好きな三碧、今は本当にストレスが溜まると思いますが、ふて腐れないように。

家にばかりいると体がなまってしまい、体型も崩れてしまいがちです。オンラインでヨガやストレッチを学ぶことができますので、体型を整えることを目的にヨガなどしてみるのはいかがでしょうか。家にいる時間を利用して瞑想もおすすめです。瞑想でこれまでの来し方を振り返り、過去の苦労や悲しみのおかげで今の自分がある、と思えるようになれば、様々なことが完成に向かって動き出すでしょう。今月は発酵食品を食べて自分を落ち着かせ、香草の入った春巻や野菜の天麩羅、スイカを食べてストレッチに励みましょう!

 

四緑木星

red and beige balloons
Photo by Irina Iriser on Pexels.com

5月は忙しい月になるでしょう。特に月の前半は目が回るような忙しさになるかもしれません。上司からの指示や、父親からの頼まれごと、または何かの公的な手続きなど、やるべきことが山積するでしょう。しかし、今月の四緑はそれをこなす十分な体力、気力があるはず。躊躇することなく、すべてを完成させるつもりで動きましょう。今月は、動き続けることが信頼感を得ることに繋がります。実際、外に出て活動することが難しい今、オンラインを最大限活用したいところです。進捗状況をきちんと報告するようにしましょう。来月は動きづらい月になるので、それを見越して今のうちに手を打つといいと思います。

忙しいひと月ですが、その中で、新たな挑戦をしてみると人間関係が広がる可能性があります。今まで聞いたことのない音楽を聞いてみるとか楽器の演奏など、音に関することや、家族で楽しめることがおすすめです。今月はシュウマイや餃子などの点心、ラーメンを食べて気力体力をつけ、バッテラで日本酒をいただきながらくつろぐといいと思います。

 

五黄土星

bowl breakfast calcium cereal
Photo by Pixabay on Pexels.com

先月は運勢最大で、目の回るような忙しさだった五黄、5月はいったん停止です。先月のように物事が進むと思ってはいけません。ここで強引に進もうとすると、八方塞がりになってしまいます。今月は運勢が強いからこそ、周りの人の意見を聞くとか、悩みや不満を聞く、という姿勢が求められます。柔らかさ、優しさ、楽しさを意識しましょう。本来なら、周りの人との会食が吉を引き寄せる月なのですが、今はそれが出来ない分、周りの人や世の中のためにお金を使うことをおすすめします。それが巨大な吉を引き寄せます。

今月はとにかく、世のため人のため。もともと運勢の強い五黄の人は、自分のことより周りのお世話をすることが喜びになっていると思いますが、それが出来る五黄とそうでない五黄とで、雲泥の差が開きます。どんなに上の立場にいようと、どんなに権力を持っていようと、自分中心にしかものを考えられなくなったら、その先は転落しかありません。今度、新しいお札の顔になる渋沢栄一さんの理念「富をなす根源は何かと言えば、仁義道徳。正しい道理の富でなければ、その富は完全に永続することができぬ。」を学ぶひと月です。

今月は鶏がおすすめです。鶏と卵が運勢を最大にしてくれます。デザートはもちろんプリンにしましょう。

 

六白金星

beach blue car combi
Photo by Nubia Navarro (nubikini) on Pexels.com

先月から一転、5月は忙しい毎日になるでしょう。早い人はもうすでに忙しくなっているかもしれません。上からの指示もありますが、自分自身で高い目標を掲げて突き進む、ということもあると思います。今月はあまり体調が芳しくない人も出てくると思いますので、適宜休息を取るように心がけて下さい。今月の六白は、さらなる改革を迫られることが起きてくると思います。それは、何かを完成させなければならないということ。自分自身の考え方を切り替え、今までのやり方を切り替えることになるかもしれません。今月も停止してしまって何も動かない、という六白がいたら、親族との関係を見直して下さい。もっと仲良くできるはずです。今、困っている親族がいたら、迷わず手を差し伸べることが六白自身の運勢も良くしていくことでしょう。

今月は、学びに行くことが運勢を強くします。独学ではなく、先生に教わることが大事です。逆に自分が教える立場にあるなら、教えることによって自分が成長することを意識したいのです。相手に教える言葉が、そのまま自分に返ってきます。そこからの学びは、どんな学びより大きいのだと思います。また、部屋の模様替えも吉になります。

5月の六白は、牛肉とたけのこが最も運勢を強くします。点心も吉なので、今月は中華三昧でいきましょう!

 

七赤金星

berry breakfast caramel confectionery
Photo by Pixabay on Pexels.com

5月は少々、イライラすることが出てくるかもしれません。いつもなら気にならないような小さなことでも、なぜか気に障るのです。特に女性同士のいざこざには注意が必要です。予想外の大きな争いになる可能性を含んでいます。今月は先月までの忙しさから開放されて、ホッと一息つける月。イライラしそうになったらお茶でも飲んで、気分を和らげましょう。イライラさえ治まれば、知恵がどんどん湧き出てくるはずです。それは自分自身を大胆に切り替えていく知恵になるでしょう。そしてその知恵は、正しい生き方をしてきた人にしか訪れないのだと思います。今まで積み重ねてきた努力がある人は、今月、いい意味での予想外の展開が訪れることになるでしょう。

今月は、親族のまとまりを強くすると、大きな吉になります。今はなかなか直接会うことができませんが、電話やメールで近況を聞いたり、外出自粛が終わった時に集まる約束をしたり、絆を強めることがより大きな改革に繋がっていきます。何か引き継ぎのようなことがあれば、積極的に関わりたいです。

今月は、卵やチキンのサンドイッチを食べ、キムチを肴にビールを飲み、改革の知恵を練りましょう。タラコやイクラ、お寿司を食べると、親族との話も進むと思います。

 

八白土星

selective focus photo of a brown cow
Photo by Ave Calvar Martinez on Pexels.com

5月は何か、変わらなければならないような状況になるひと月です。それは小さなことがきっかけになるでしょう。納得がいかないことかもしれません。しかし、その状況を受け入れることで、吉の動きになっていきます。新しいことが始まる時は、なんとなく不安になると思いますが、先輩や、よく知っている人に相談しながら始めれば心配はありません。今月は判断を誤りがちなので、独断で判断してしまうことは避けましょう。

体調を崩しやすい月ですが、部屋の模様替えや大掃除が運勢を強くします。親族との関係を強めることも大切です。今まで疎遠になっていた親族がいるのなら、絆を強めるチャンスとなるでしょう。

今月は、優しい気持ちを持って裏方に徹することが、運勢を強くしてくれます。もともとあまり変化を好まない八白、裏方でコツコツ地味に作業をすることで、上昇気流に乗って、変化に合わせていくことが出来るようになるでしょう。母親や妻を大事にすることも大切です。じっくり話を聞くことに徹しましょう。

5月は、イクラのお寿司で変化の波に乗り、香草を使ったチャーハンとお蕎麦で上昇気流に乗りましょう!

 

九紫火星

shallow focus photography of hamburger
Photo by Andra on Pexels.com

5月の九紫は非常に目立つことが多くなるでしょう。もともと華やかな星ですから、水を得た魚のように活躍できるのではないかと思います。いつもにも増して勘が冴え、知恵も湧いてくるでしょう。これまで努力を続けてきた九紫の人は、その努力が認められ、大きな成果を出すことが出来ると思います。ただ、身近なところで陰になって支えてくれる方がいるはずです。その方には感謝の気持ちを伝えましょう。ここで自分のことしか考えないような行動に出てしまうと、運勢を壊してしまいます。優しさを忘れないように。

今月は上司や父親の信頼を得るような行動をすることが吉を呼びます。長く続いていた仕事を完成させるとか、テレワークでもそれまでと遜色のない仕事をするとか。父親が離れたところにいるようであれば、連絡をしてみるといいでしょう。自分が父親であれば、長女との信頼関係を築くことが大きな吉を呼び込みます。

信頼関係を築くためには、自分が人を尊敬することが大切です。尊敬する人のようになろうとすることで、自分を成長させることが出来るでしょう。

今月はライスバーガーや見た目の美しいそば粉のガレットがおすすめです。ますます知恵が湧いてくることでしょう。また、五目ご飯や五穀米をいれたいなり寿司を食べて、信頼関係を築きましょう!

5月の運勢 全体運

news

外出自粛要請が延長されるようですね。まだまだ大変な時期が続きます。今月も運勢を書いてみましたので、よかったらご活用ください。えー、星ごとの運勢はもうしばらくお待ち下さいね😅

4月は世界各国でコロナウィルス感染が拡大し、外出自粛要請が出され、経済も大打撃を受けた月でした。

5月はこうした中で、不要なものを切り落とさなければならない月になります。4月に改革してきたことで、これからも必要なもの、これからは必要ないもの、が、なんとなく見えてきているのではないでしょうか。1ヶ月も外出自粛をしていると、習慣も変わってきます。例えば、様々なことのオンライン化。これまでは人が直接会ってやってきたことも、会わなくても問題なく出来ることがわかりました。そうなれば、今後それが元に戻ることはないと思うのです。様々な変化の中で、自分にとってこれから不用になるであろうものは、勇気を持って切り捨てなくてはなりません。

5月は、これまでの膿も表に出てくる月になります。事件事故、災害が起きやすい月、ということになるのです。今、政府の対応が後手後手にまわり、多くの人が不満を持っていると思います。もともとは中国のせいだ!とか、許せない!とか、様々な考え方も出てきています。それはとてもよくわかるし、私も政府の対応には憤りを感じます。しかし、どうか5月だけは、そこに注目しないでいただきたいのです。多くの人が不満や、あいつのせいだ!というような攻撃的な考えを持つことで、どんどん膿が出てきてしまいます。そうなると、事件事故・自然災害が起きる確率も高くなってしまうのです。みんなが苦しい中で、どうしたら助け合っていけるのか、自分に何ができるのか、そういったことにフォーカスしていくことで、自分にも吉になるし、世の中にも吉になっていきます。先月に引き続き、明るい笑顔を大切にしましょう。

そして、経済はお金が回らないとよくなりません。使える方は、お金を使って下さい。今月は特に、誰かのためにお金を使うとか、世の中のためにお金を使うことが、非常に大きな吉となります。

また、こうした中で、今まで人知れず活動していたものが表に出てくることになるでしょう。上に立つ人は、こうした動きに対応し、強い決意で物事を刷新していかなくてはなりません。季節は春。今月出てくる新しい動きは、今後ますます活発になっていくと思われます。この動きが世の中を明るく照らしてくれるような動きであることを祈るばかりです。

占いというのは、未来の出来事を事前に予測する、といったイメージだと思いますが、確実な未来予測は出来ません。なぜなら、未来は決まっていないからです。私達人類が何を選択するかで、未来は変わってきます。

マインドズームが出している「展望と開運」も、私が書いているこの「5月の運勢」も、何を選択したらよりよい未来になるのか、どんな行動をしたら未来を変えることができるのか、そういった観点で文章を書いています。5月は特に、自分を律することが大切な月です。私達自身で、よりよい未来を作っていきましょう!

オンライン家相講座のお知らせ

macbook pro iphone cup desk
Photo by Life Of Pix on Pexels.com

コロナウィルスはまだまだ収まらず、私が所属している社会運勢学会の講座も軒並み中止に…💦

そこで、初のオンライン講座に挑戦することになりました!

「家相の知恵を使って、お部屋と心のお掃除をしよう!」

という講座です。5月4日開催という急なスケジュールですが、もしご興味ありましたら、ぜひぜひご参加ください😊

【5月4日 オンラインセミナー】『家相の世界に触れよう!1 〜開運お掃除術〜』

リアル仏教

cc5f9dbd332a5a768f08388d367e8085_s

コロナウィルスの感染者数はまだまだ増えていて、収束の兆しは見えていません。収束するまでに一年はかかるのではないかという観測もあり、収入が途絶えてしまっている方は本当に大変な思いをされていると思います。

先日、NHKで「逆転人生」という番組を見ました。吉川博文さんという経営コンサルタントの方の人生を紹介していたのですが、バブル期に商社にお勤めだったのが、ご実家の商売の連帯保証人になったことから7000万の借金を抱えることになり、その当時の商工ローン、サラ金、闇金と1人で戦って復活した、というすごい方でした。今はその経験を活かして、同じ状況に陥った方のお手伝いをされているそうです。

私は、「これはリアル仏教だ!」と思いました。吉川さんは、「自分は泥にまみれてしまったけれど、それを受け入れたところから勇気が湧いてきた」と仰っていました。仏様が蓮の葉や蓮の花に乗っている絵や像を見たことがある方、たくさんいらっしゃると思いますが、あれは、

蓮の花は泥の中を通り抜けてこそ花を咲かせる。泥にまみれてこなければ花を咲かせることは出来ないんだよ。

ということを表しているんです。まさにこの話の通りですよね!

今、泥にまみれている方が大勢いらっしゃると思います。本当に大変だと思いますが、泥にまみれたら、きっと大輪の花が咲く時がやってくるんだと思うのです。仏教はいいお話を聞く、というものではなくて、現実の人生がそうなるよ、ということを教えてくれています。芸能界でも、子供の頃に借金取りに追われる生活をされた方が何人もいらっしゃいますが、皆さん、その経験があったからこそ今の自分がある、と仰います。吉川さんが仰っていましたが、「一番大事なのは諦めないこと」。どんなに方法があっても、本人があきらめてしまったら復活の道は閉ざされてしまうそうです。

何もお手伝い出来ない自分が情けないですが、ほんの小さな、運勢が上向いてくる方法をお伝えします。

気学を学ばれている方、日盤吉方を取ってみて下さい。時節柄、外出をオススメするのもどうかとは思いますが、ギリギリの状態の人ほど日盤吉方は効果を発揮します。今年は自分を切り替えないといけない年ですから、どう変えたらいいのかのアイディアが閃いたり、アイディアになるような出来事が起きてくると思います。予想外のチャンスが来る可能性もあるので、つかまえてくださいね!

気学をご存知ない方、朝5〜7時の間に、東の方を向いて、出来れば太陽を見ながら「私は大丈夫!」と言って下さい。「大丈夫、私ならこのチャンスを活かせる!」と言って下さい。これで気持ちが明るく切り替わってくるはずです。

私も今、これからに向けて、いろいろ切り替えています。コロナが収束した時に、「コロナがあったおかげでチャンスをつかめた!」と言えるように頑張ろうと思います。

皆さん、頑張りましょう❣️

運勢の読み方

closeup photography of purple silk flowers with dewdrops
Photo by Anthony on Pexels.com

先日アップした『4月の運勢』、たくさんの方が読んで下さり、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです!心からお礼申し上げます。何か皆さまのお役に立てるといいのですが😉

社会運勢学でいう「運勢」は、〈未来予測〉とは少し違います。書いてある通りのことが起きてくる人ほど  運勢のいい人  ということになるので、できるだけ書いてある通りに行動した方がいいですよ、というものになります。ですから、心がけのいい方は「運勢」を読む前にすでにその通りになっていたりします。実際、その通りになっている方がご連絡くださり、「すごいなー✨」と思いました。私はですね、自分で書いているのに「あっ、しまった!」と思うことが多く・・・頑張らなくては😅

月の運勢で書いていることは小さな吉ですが、続けていくことで大きな吉に育っていきます。勉強すると

「なぜそのタイミングで母から相談されるのか」

「なぜそのタイミングで親戚の問題に関わらなくてはならなくなったのか」

「なぜそのタイミングで家を建てることになったのか」

などなど、いつ、その出来事が起こったのかによって、それが天からの大きな応援であることがわかってくることがあるのです。生き方で吉を呼ぶ、ということは、自分でそのタイミングにやらなければならない行動をする、ということ。ちょっとしたことでも、それを続けることで生きる力が増してきます。コツコツ頑張りましょうね!

さて、先日、数学の超難問「ABC予想」が証明認定された、という新聞記事を読みました。京都大学の望月教授の論文で、「これまでの数学を捨てないと読めないような論文」なんだそうです。数学というのは金融工学や保険分野で応用されているそうで、この新しい数学が経済を変えていくのかもしれません。まさに庚子七赤の出来事だな、と感じました。今年はまだ始まったばかり。私もどんどん新しい自分に切り替えていきます❗️