アイデンティティ2

ae4d9d8151d45e9f2d55cd7582a45c36_s

前回、「アイデンティティというのは、何のために生まれてきたのか、ということではないかと思う」と書きましたが、先生のDVDを確認してみたところ、先生がそう仰っていました。なので、アイデンティティというのは間違いなく「何のために生まれてきたのか」ということです。で、使命とか天命ということになっていくのですが、まず

天命というのは「天が与えた役割」

使命は「天が決めた命をどう自分が自覚するか」

運命は「その自覚に基づいてどう生きているか 実践しているか」

宿命は「自分の過去のすべてのこと」

を言います。村山先生から気学を学んだ方なら誰でもご存知のことですが、あらためて書くと「うーん、私、出来てるかしら??」と思いますねー😅 詳しく知りたい方は、社会運勢学を学んだ先生の講座で教えてもらってくださいね!

その「天命・使命」を、どうしたら知ることが出来るのか、というと、自分の命を学ぶこと。要するに気学を学ぶとその中から見えてきます。・・・なんだ、結局宣伝か!となってしまいますが、本来は気学を学ばなくてもわかるはずだと思うんです。そうでなければ、自分の天命にたどり着ける人は限られてしまいますよね。そんなはずはありません。では、どうしたらいいのか。

自分の目の前に来たことを、一生懸命やってみる

これしかないと思うんです。あくまで私の意見ですが、自分の過去を振り返ってみて、それしかない、という結論になりました。特に、アイデンティティが何かを知らないまま大人になった人は。私は、自分が何のために生まれてきたのか、なんて考えたこともなかったけど、なんだかよくわからない小さな「やってみようかな?」ということをやってきたら、気学講師になっていたんです。村山先生に出会うまで、気学の気の字も知らなかったのに。

例えば、「ホームレス中学生」という本を書かれた、麒麟の田村さん。中学生でホームレスなんて、辛いに決まってますよね。私だったら生きていられなかったかも・・・。でも、田村さんは懸命に生きたんですよね。ホームレスという状況でも諦めることなく生きたからこそ、大人になってその体験を本にすることができ、世の中の人に感動を与え、そして現実にホームレスになってしまう中学生がいる、ということも世の中に知らしめました。それは田村さんの使命の1つだったんだと思います。

さかなクン、今では東京海洋大学客員准教授で、タレントとしても大活躍しています。でも、もし身近にさかなクンのような人がいたらどう思いますか?「魚に詳しくても儲からないよ」とか思ったりしそうですよね。実際、成績も伸びなかったそうですから…💦昔の私なら絶対そう思ってます。でも、さかなくんのお母様は、彼に好きなことを自由にさせてあげようとされたんですね。そのおかげでさかなクンは、子供の頃から自分の天命を生きることができたのではないかな、と思うんです。

「大企業に入ったら安泰だから」とか「親が自分ができなかったことを子供にやらせようとする」とか「公務員なら食いっぱぐれない」とか。自分の人生を考える時、こんな基準で考えてませんでしたか?こういう基準で物事を考えると、なかなか本当の自分の人生を生きることが難しくなるのではないかな、と思います。

自分のやりたいことが見えている方はそこに向かっていけばいいけれど、そうでない方は、まず自分が好きなことは何かを探してみる、とか、子供の頃の夢を思い出してみる、とか。それもわからない!という方は、目の前のことを一生懸命やってみてください。そこから何かを学べるはずです。学ぶべき何かを学び終わった時、次への扉が開きます。それは何か挫折することかもしれない。会社をクビになるのかもしれない。でも、勇気を出して、次へのステージへ進んで下さい。必ず道は開けます。

私の子供の頃の夢は、「宇宙飛行士」と「天文学者」だったんです。どっちも、今更むーりー!と思っていましたが、NZの仮吉方から帰ってくる飛行機の中で、パイレーツ・オブ・カリビアンを見たんです。ヒロインは天文学者でした。それを見ていて、「昔の天文学って、気学のことだ!」と気付いたんです。私は子供の頃の夢を叶えていたんですね。「五十にして天命を知る」とは孔子の言葉ですが、本当にそうなんだ!と、感動で泣きました。きっと、今気付いていなくても、みんな必ず使命・天命への道を歩んでいるんだと思います。

あなたの本当にやりたいことは何ですか?あなたの子供の頃の夢は何でしたか?

アイデンティティ

a23c2a830d4c7b9ef6a25560c535b342_s

前回の投稿からかなり時間がたってしまいました。2020年の展望を最初から自分で書いているのですが、これがまた難しくって💦 でも、去年から始めたのですが、展望を書くとものすごく勉強になるんです。来年は月や日の運勢も書けたらいいなーっと、自分のハードルを上げてみる・・・頑張ってみます😑

さて、先日、マインドズームの今年最後の釋さんの仏教塾に行ってきました。今回のお話は簡単に文章にできるような内容ではなく、こちらの覚悟を問われるような迫力の内容でした。これはもっと自分の中で発酵させなくてはなりません。そこで、今回は釋さんのお話から思い浮かんだこと、「アイデンティティ」について書いてみようと思います。

村山先生に出会って、気学がちんぷんかんぷんだったことは当然なんですが、それ以外にも初めて聞く言葉・概念がたくさんありました。そのひとつが「アイデンティティ」です。アイデンティティという言葉はそれほど珍しい言葉ではありませんが、その「概念」というと、理解されている人のほうが少ないのではないかなと思います。実を言えば、今でも私はアイデンティティを理解できていません。たぶんこうではないかな?くらいの認識です。では、アイデンティティって?

自己認識。自分とはいったい何か。

日本ではアイデンティティは「自己同一性」と訳されていますが、これ、わかりますか?私はさっぱりわかりません💦
村山先生はアイデンティティを
「自分とは一体何か。その自分はどこへ行こうとしているのか。名前ではなく、仕事ではなく、性別ではなく、自分は何者かを説明できるか。」
と説明してくださいました。
・・・言えますか??正直、私はスパッと答えることができません💦初めてこれを聞いたときには、言われている意味すらまったくわかりませんでした。ちょっと自己弁護すると、そもそも日本では、アイデンティティが何か、ということを教えていないのです。だから、ほとんどの人がわからない。諸外国は違うんだそうです。欧米でも中国でも徹底して教えるそうです。小学校高学年の反抗期、それは自分と社会の接点がわかる時で、この時に「自分とはなにか。将来何をするのか。どうするべきなのか。」ということをきちんと教えるそうなんです。

村山先生の元で気学や仏教、心理学を勉強してきて、今、私が「こういうことなんじゃないかな」と思うのは、「何のために生まれてきたのか」ということがアイデンティティと言えるのではないか、ということです。それは、「使命」「天命」とも言いかえられるかもしれません。
例えば、漫画家になるために生まれてきたとします。漫画家になるためには、まず絵が描けなければなりません。そうすると、絵の勉強をしますよね。でも、絵が描けるだけではストーリーは書けません。人の心に響くような漫画を描こうと思ったら、ストーリーも大切ですから、人生のいろんな経験をしないとならないですよね。
そうすると、例えば会社勤めをしていても、「今、自分は漫画を書くためのネタ作りをしているんだ」と言えるかもしれない。
逆に、大企業に入って個人ではできないようなこと、例えば石油の発掘とか?いい例が思い浮かびませんが😅、そういう大きなことをするために生まれてきた人は、「今自分は、大きな仕事をするために会社に入った」というかもしれません。
同じ会社勤めをしていても「何のために生まれてきたのか」で、捉え方も目的も違ってきます。でも、「何のために生まれてきたのか」がわからないと、「今、何をしてるの?」と聞かれたら「会社員です」とか、「総務にいます」とか、「派遣でこの会社にいます」としか答えられないですよね。目的がわからないのだから。じゃあ、どうしたら生きる目的がわかるの?
・・・続きは次回に〜😅

田口酵素

先日、気学仲間である、宝光寺の釋さんのお寺に伺った時、とても興味深い商品と出会いました。
「田口酵素」という商品で、水銀・ヒ素・カドミウム・六価クロムなどの重金属、抗生物質など環境汚染物質、化学肥料・農薬・除草剤・殺虫剤などの有害環境汚染物質、そして塩害に至るまで、通常3年以上かかるところを半年ほどで無毒化し綺麗な土地に戻すことが出来るというものです。
放射能においても、セシウム136(周期30年)が、数時間から1週間で安定物質となり無害化されたことが実証されているそうです。
今、日本の食品は、一般消費者が考える以上に農薬や食品添加物などが大量使用されています。実害も出ているはずですが、そういったことはほとんど報道されませんし、実証も難しいのだと思います。
しかし、この状況を放置していては、どんどん汚染が進み、取り返しがつかないことになりかねません。いや、取り返しがつかないところまで来ているのかもしれません。
自分の身を自分で守ろうと思ったら、解毒を考えるしかないのかな、と思い、今、この「田口酵素」を試してみています。
一袋1500円で、毎日小さじ一杯水で飲むだけ、とのこと。まだ始めたばかりなので具体的な変化は書けないのですが、もし、「私も試してみたい!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。
たくさんの方が田口酵素を使うことで、環境中にも田口酵素が働いてくれて、地球が浄化されるといいな、と思っています。

人が飲む用の田口酵素は一袋1500円
肥料としてそのまま使える土は15キロで2500円
餌に混ぜて家畜に与える用は10キロ9000円
臭気対策用 10キロ5000円

一反(約300坪)に対して肥料土6袋
菌体を年に一回 2袋
が目安だそうです😊

 

2020年の展望

06e9b50d0aa4b2c496abc72fd169c97a_s

10月ももう終わろうとしています。早ーい!という方、えっ、まだ10月だったのかという方、いろんな方がいらっしゃると思います。  が!  年が切り替わる立春まで、残すところあと3ヶ月。もう来年の動きをチェックしなければ!   ということで、

来年、どんな年になるのか

今年からどう来年の動きに備えたらいいのか

来年、どんな行動をしたらいいのか

などなど、来年の予測と星ごとの行動のポイントをお伝えする「展望講座」を開催致します!

1221日 10:3016:30  ¥11000   名古屋駅付近 定員10

ぜひぜひお問合わせくださいね🎶

その他の地域の方や個人的に聞きたい!という方も、いらっしゃいましたらぜひお問合わせください。

お待ちしております😊

補足です。

前回、少々頭に血が上った状態で書いたので、言葉が足りませんでした💦

「祈りで問題を解決しようとしない。物事には原因がある。原因は必ず自分だ。」

と書きましたが、祈りを否定するつもりはないんです。祈りには本当に力があります。筑波大学の村上和雄名誉教授は、祈りは遺伝子を活性化する、という内容の本を書かれていますし、事実、多くの人の祈りが通じた経験もあります。私が言いたかったのは、自分は何も行動せず、ただ神様にお願いするだけで問題解決しようとしても解決しないのではないか、ということなんです。

地球温暖化のことを考えれば、まず二酸化炭素の排出量を減らすことが重要ですよね。個人に出来ることといえば、省エネ、ゴミを減らす、などですが、ガンガン冷暖房を使い、使い捨てのものを大量消費し、その生活を改めることなく神に祈っても、そんな願いは通じないだろ💢ということが言いたいわけです。

例えば、「痩せたい!」を願う人がいたとします。毎日食事制限をして、運動もして、その上で「痩せますように」と願えば、その願いは叶わないわけはないし、自分が神だったら、叶えてあげたいと思いますよね?でも、毎日ゴロゴロして、食事も食べたい放題、お菓子ばっかり食べてる、なんてことをしていたら、いくら祈ったって痩せるわけはないし、自分が神だったら、願いを叶えてあげようと思いますか??

やっぱり、行動しなきゃダメだと思うわけです。当たり前といえば当たり前の話ですが。ただ、自分が行動して、自分の中身が満たされた状態になった時、祈りは必ず叶います。自分が本気で決意して、目標を定めた時、その時は本当に祈りは届くんです。だから、どんな小さなことでもいいから、まず行動してみませんか?わらしべ長者のようなことが起こるかもしれませんよ🎵

台風が教えてくれること

先日の台風19号、被害が広範囲に広がり、被災された方がたくさんいらっしゃいます。被害に遭われた方々は本当に大変だと思います。心よりお見舞い申し上げます。

あの台風が何を教えてくれたのか、ずっと考えていました。はっきりしたことはもちろんわかりませんが、私が感じたことを書いてみようと思います。

19号の前に来た、台風15号が千葉に被害を与えた日は、日盤三碧中宮、月盤四緑中宮でした。19号は、日盤六白中宮、月盤三碧中宮。共通しているのは「三碧中宮」です。気学に偶然はありません。必ずお知らせがあるはず。三碧中宮の特徴は、東西に五黄暗剣がかかること。

言葉に嘘がある。秘密がある。裏がある。

経済の分野で腐った問題がある。

台風19号が大きな被害を出しているその日、人事院の勧告を受けて6年連続で国家公務員の給料を引き上げる「給与法改正案」が閣議決定されました。まだ成立したわけではありませんが、ほとんど報道されていません。自民党の二階幹事長は19号の被害を

まずまずで収まった。

と仰いましたが、それって、もっともっと被害が大きいことを想定していた、ということですよね。今後、被害の復旧にどれほどの費用がかかるかわからないのに、国家公務員の給料を上げる、議員年金を復活させる、しかも報道されない、これって盤面の通りじゃないでしょうか。政治にお金がかかることは確かにそうだし、国家公務員が一生懸命に働いていることも事実でしょう。でも、このタイミングって!やましいところがなければ、正々堂々とやったらいいのではないかと思うんです。でも、だからといって、「政治家だけが悪い!」と言いたいわけではないんですよ。もちろん腹は立ちますが、その政治家を選んだのは国民です。

先日、仏教塾上映会に行ってきたのですが、そこで仏教の特徴を学びました。

「祈りで問題を解決しようとしない。物事には原因がある。原因は必ず自分だ。」

これがお釈迦様の第一の教えだそうです。一般的な宗教の考え方は、神・仏に祈ると、神・仏がなんとかしてくれる、となりますが、仏教は違うんです。自分に原因があるからこそ、自分で解決できる、と考えます。ここが小乗仏教の最も大切な部分だそうです。

自分が変わると縁が変わる。自分と縁が変わると、自然に結果が変わる。

と考えます。いさぎいいですよね。ここから仏教は大乗仏教に発展していき、教えも変わってくるわけですが、まず仏教を学ぶ際に、原点としてこの考え方を身につけることがとても大切、ということでした。

台風に戻ります。この考え方でいくと、「政治家が悪い!」と言っているだけでは何も変わらない、ということになります。台風15号が千葉に上陸した日の月盤も、台風19号が来た日の月盤も、破壊は二黒にかかっています。二黒は「大衆」。大衆が破壊される、と読むことも出来ますが、私は、大衆が破壊している、だと思います。政治家をどう選ぶのか。国民もいろんなことを知る必要があります。その政治家を選んだら自分の生活がどうなるのか、少しずつでも考えていくことが大切なのではないでしょうか。

また、地球温暖化が台風の巨大化の原因になっていることは事実です。原因が地球にある以上、これからも同じような台風が来るでしょう。だとしたら、一人ひとりができることをしていくことが非常に大切だと思うんです。10月18日の朝日新聞で、神里達博さんがこんなふうに書いていらっしゃいます。

743EBDB2-A0D4-4ED7-8A7B-5685833BBE66

環境に負荷を与える商品を買わない。売れなくなれば企業は必ず変わっていきます。私もペットボトル飲料を買ったり、レジ袋をもらっちゃったりすることがあります。でも、そこに罪悪感はあるんです。「あ、しまった!」と思う気持ちがあれば、徐々に減らしていくことができると思います。自分一人がほんの少し変えたって、などと思わず、少しずつでもやってみましょう!

4AD7B7F2-E585-4A67-8E29-4FBA760F4E43

10月18日朝日新聞より

 

十二因縁で考えたこと

46A67566-52C4-44C4-9738-0A317F243D32

マインドズームの仏教塾上映会に行ってきました。今回の題目は「十二因縁」。仏教の中でも最も大切で、最も理解困難ともいえる「縁起」のお話です。「縁起」の話は、ブログで書けるほど簡単な話ではないので、もう少し私の中で熟成させるとして…。今回、書いてみようと思ったのは、「なぜこの世に生まれてきたのか」という話です。…まぁ、これも簡単な話ではないのですが、こちらは正解不正解のない、あくまで「私が今感じていること」なので、少々「え??」と思ってもご容赦くださいませませ🎵

村山先生がまだご存命の頃、たまたま食事会の時に同じテーブルに座ったことがありました。その時、先生は「なんのために生まれてきたのか」と、誰にということなく、問いかけられたんです。その日からずっと、私の心の中で、この問いの答えを探していました。

なんのために生まれてきたのか

正直、それまで一度もそんな事を考えたことがなく、最初は途方に暮れていました。しかし、「この答えを探したい!」という想いが生じると、人間というのは必ずその答えを探し始めます。無意識に。それまでまったく考えたことがないことでも、自分のこととして意識した途端に情報が入ってくるようになるんです。それが、私にとっては仏教でした。村山先生に直接気学を学んだのは、正味4年ほど。仏教は1年くらい。最初は、私にとって仏教はほとんど興味のないものだったんです。講座に出ても、半分は睡眠学習で💦  今思えばもったいない話です。それが、なぜか突然仏教に目覚めるんです。六白吉方を取ったこともあると思いますが、先生からの問いかけの答えが知りたい!という想いがあったのではないかな、と思います。で、いろいろ考えるわけですが、わりと最近まで「なんのために生まれてきたのか」というのは、使命のことだと思っていました。私の使命はなんだろう、天命はなんだろう、今出会っていることは使命のはず!

でも、先生の問いかけは、もっともっと大きいことなんじゃないかと思い始めたんです。それが今回の「十二因縁」のお話の中に出てきた、「万物の歴史 ケン・ウィルバー著」の一節で、確信に変わりました。そこだけご紹介すると

698E4952-20A1-4E97-B2B6-DCD8E3523EB6

ここに書かれている通り、人類最大の特徴は「自己意識」をもったこと、なんです。ということは、それ以外の生命はすべて、宇宙意識と一体だということ。私達人類は、宇宙が意識を持っている、とは考えませんが、本当はそうではなく、人類も宇宙意識と一体だし、宇宙の発展とともに存在しているんだ、ということだと思うんです。

NHKの前回の朝ドラ「なつぞら」の中で、主人公のじいちゃんである草刈正雄さんがこう言います。

一番大事なのは、働くことじゃない。稼ぐことじゃない。牛と生きることだ。

じいちゃんは牧場経営者なので 牛と が入りますが、結局、「生きること」が最も大切ということなのかな?と思うんです。誤解を恐れずに言えば、人間は働くために生まれてきたんじゃない、稼ぐために生まれてきたんじゃない。生きるために働くし、生きるために稼がなくてはならないけど、それは目的ではないんだ、と。人それぞれ使命は違うけど、すべての人類は、宇宙の発展のために成長する必要がある、ということだと思うんです。「成長」が何を意味するか。それは気学や易、仏教を学ぶことで、ハッキリしてきます。一歩一歩学んでいくことで、だんだん意味がわかるようになって来るんです。まだ私も学びの途中ですから、また考え方が変わるかもしれません。でも、間違ってない気がします。

少しずつ、考えていることを書いていこうと思います。